「里山のかやねずみ」11/13自然のおもちゃ

だんだん寒くなってきますが、遊んだり歩いたりすると
ちょうどよい陽気です。


Sくんです。
どんぐりをひろったり、坂道をのぼったりしたのが初めてだったそうです。
お母さんはSくんが「いい表情」で遊んでいるのがよかったとおっしゃっていました。
ほんと、いいお顔してますね。

今日はお母さんたちが、木の皮を使って
素敵なものをつくっていました。
それを見てこどもたちも。

「のりまき」だそうです。
具がたっぷりはいった太巻きですね。
Kちゃんのお母さんは、「遊び道具が森の素材」であることをとても喜んで
いらっしゃいました。
いろんなおもちゃが身の回りにありますが、こどもたちにはぜひ本物と
出会ってほしいと思います。
本物のもつ色、質感、におい、素材からこどもたちはイメージを広げていきます。

グラデーションが美しい柿の葉
日本の秋の彩りには息をのみます。

木・金も糀が谷です。お待ちしております。


カテゴリー: プログラム報告 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。