里山いっぽ4/8カエルぴょこぴょこタケノコにょっきり

ポカポカ陽気の月曜日。晴々とした中でのいっぽの活動。
 
トンボ池でゲコゲコ鳴いていたカエルを捕まえて皆で観察。水の中ではまだ沢山のオタマジャクシがゆっくりゆっくり泳ぎまわってます。
カエル
 
  
自然の中では色んな事ができる。
葉っぱや花を一杯取ったらお花屋さん。長い木の板に座って電車の運転手。それをカンカン叩いている子は嬉しそうにこう言う「電車の点検でーす」。なるほど、子どもの発想力はすごいです。
    
スイバを取って皮を剥いて恐る恐る食べる子ども達。ちょっとすっぱい、でももう一口、もう二口。中には皮ごとポリポリ食べちゃう子もいます。
 
  
お昼はちょっと登ったキッチン広場。
食べた後に遊んでいると、あれあれ?こんな所にたけのこ発見。掘っても掘ってもまだまだあるぞ。
たけのこ
 
 
ちょっと暑くなってきて皆上着を脱ぎ始め、木陰の下で絵本を読む。
こんな良い天気にはお昼寝の本でも読んでみようかな
えほん
 
 
 
ご飯を食べた後ちょっと眠くなってきてしまった子もいましたが、そこは自然活動の里山いっぽ。
眠気よりも遊びの方が勝っていたようで、それだけこの場所は子どもにとっては魅力的な物が沢山溢れているんだなぁと思います。
 
今日もいっぱい歩いていっぱい遊んだ。
いっぱい体を動かした後はゆっくり休んで風邪をひかないようにね。
  
また明後日、また来週(^^)ノシ


カテゴリー: プログラム報告 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。