【里山のかやねずみ】10/29子どもが子どもらしく

冷たい雨になってきました。
雨のお散歩は、いつもと違ってまた楽しいものです。
草花に雨粒がきらきらしていたり、雨宿りの虫を見つけたり。
生き物の様子がいつもと違って見えて、
同じフィールドが新鮮にうつります。
虫の雨宿り

川沿いのお散歩では、数珠玉やカラスウリ、ノブドウをみつけました。
どの実も今が盛りでとっても綺麗。
雨の為か、いつもよりのんびりとお散歩できてお母さんも楽しそうでした。
でも!雨でも変わらずに楽しいのがこの橋です。
「お約束」と言わんばかりに上流で葉っぱを落とし、下流側に走って確認に行きます。
そして、雨でも気にせず顔を橋にぴったりつけて、橋にある穴をのぞいての確認!
子どもが子どもらしく遊べて、大人はそれをやさしく見守って。
自分らしさの獲得の瞬間です。
みえた?
人として当たり前の姿になれる時間を過ごします。

お昼はにぎわい広場の屋根の下でいただきました。
むぎゅ~
屋根があると皆がより近くなって思わず「むぎゅ~」ってしちゃいました。
      
雨の日は、お昼を屋根のあるところでとります。
お着替えをして、暖かくしてご飯をいただいてから
再び集合場所を目指してお散歩しながら帰ります。
       
是非いちど、雨お日のお散歩にも参加してみてください。
いつもと違った魅力を発見できると思いますよ。


カテゴリー: プログラム報告 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。