【報告】里山adventure 夏だ!川だ!びしょぬれだ!

7月。みんなが待ちに待ってた、川遊び。

事務所からすぐの吉田川へ出発です。

連日の猛暑からどれほど待ち遠しかったか!

 

思い思いに川へ飛び出していきます。

 

上流では、河童泳ぎ教室!

河童先生?から泳ぎの伝授があり、けのび選手権が行われました。

 

カニ取り名人!年を重ねるごとに、その技は、パワーアップしています。

物の見事にモクズガニが何匹もバケツの中へ。

 

これオス?メス?

どこでわかる?

見分け方ってどうだっけ?

 

まるっきり遠慮のない、水のかけあいが始まりました!

 

水のかけあいに圧倒された子たちは、喧騒から逃れて壁登り。

わずかなコンクリのデコボコに手とかけ足をかけ、頂上までチャレンジです。

やった!登れた!

最後の最後、登り切るのが難しい。

自然と手が出て助けてあげます♪

みんなで協力して登れた!

 

川といえば、この段差からジャンプ!

低学年には勇気がいります。

 

なんと!今年は、女子が採点!

今のジャンプはカッコよかった〜!

掛け声がかかり、男子は張り切る!

 

川といえば、もちろん魚取りも♪

タモの使い方が分からない子に、

「こうするんだよ」

教えてあげます。

すると・・

ほら魚!

小さいながらも見事GET!

 

魚取りの仕掛けを作ってきてくれました。

ペットボトルの底に重石を探して。

エサの魚肉ソーセージも入れるよ。

 

ここに仕掛けよう。

お!入ってる!

仕掛けても一匹も入っていないこともあります。

 

あの上(上流)なら入りそう!

川遊びで決められた範囲外に行きたい。

きまりから外れますが、熱意に打たれスタッフがついて行きました。

 

上級生がジャンプする段差。

低学年がここへ上がるのは難しい。

みんなで協力。

 

一人で登るために工夫します。

石を重ね置いて踏み台にしたり…

 

一人で登れた!

 

今月前半、川に入りたくないと言っていた男の子。

3週目に、ザブザブと川に入りました!

川の底が見えるよ。

水中メガネがあったらもっと見えそうだよ。

きれいな石とカニの甲羅と宝物見つけたよ。

 

川を避けていたこれまでが嘘のように、全身ズブ濡れで楽しんでいます。

こんなにいい笑顔を見るのは、初めてかもしれません♪

 

他にもいろんな遊びが繰り広げられました。

川底の砂の中に足を固定し、向かい合って押し合い相手のバランスを崩す、「押し鬼」

 

軍手を壁に投げつけ、ペチャリと貼り付ける遊び。「軍手投げ」

ポイントは、より高所だったり、貼り着き方の美しさだったりします。

 

写真では判りにくいかもしれません。

滝の下に修行者が!?「忍法滝裏の術」

帽子のひさしが滝水をよけています。

 

小さなカエルもいたよ。

 

川遊びが楽しくって、体が震えても川から上がりたくない面々。

事務所前の水たまりが温まっていました。思わず「泥風呂」!?

 

いつもの川のいつものところの近くに、「おもしろい所があるよ」と6年生が教えてくれました。

スタッフももぐっちゃうくらいの、深~いところ!

ライフジャケットを着て、いざ突入!

 

そして…いつもより高いところ…なんと土手から川面へ!

ジャ~ンプ!!

 

なかなか勇気の出ない低学年の子どもたち。

でも、思い切って飛び込んだ後のこの笑顔!

少し自信がついたかな?

 

こんな宝物も見つけました。

「緑でもいろんな緑があるよ」

緑石いろいろ!

 

日暮れまで里山で思いっきり遊ぶ川辺の光景は、懐かしい昭和の風景です。

子どもたちの歓声が響きます。

近所の方々が、「よくやるな~」という顔で、

ニヤニヤしながら眺めていきます。

もしかすると、子ども時代を思い出しているのかもしれません。

 

さあ、夏、本番です。


カテゴリー: お知らせ, プログラム報告 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。