エコエデュ のすべての投稿

【報告】里山QUEST 6月 ~池の次は秘密基地!?~

子どもたちのチカラでQUEST-探求-する、里山QUEST

週一回、水曜日の放課後に里山に集い、それぞれのQUESTを深めています。

 

6月の里山QUESTでは、引き続き「イモリとみんなの池」に、どうやったら水をためられるか?をみんなでQUEST。

 

思いついたのは、エコエデュの事務所の裏を流れている小さな沢から、水をひくという方法。

どうやって水をひくか、考えた結果…。

 

水路を地下に作る!

①まずは、沢から池まで続く細長い穴を掘る

②その穴に、半分に割った竹を埋め込む

③沢から流れた水が池に届く

という予想。

 

ということで、まずは竹を切り、半分に割ります。

 

同時進行で、穴を掘っていきます。

水路予定地にひもで印をつけるなど、本物の工事さながら。

でも…ここで問題発生。

この穴につまずいて、エコエデュのぴあのんが転んじゃったんだって!

 

ということで、残念ながらこの計画は中止に。

みんなで穴を埋めました。

 

さて、今度はどうしよう…。

 

じゃあ、水が流れている場所を探して池を作ろう!

ということで、エコエデュ事務所裏にある竹林へ。

いい場所があった!と、土を掘り掘り…。

 

 

色んな生き物にも出会ったね。

 

さて、「イモリとみんなの池」を作りながら、こんな意見が出てきました。

「秘密基地を作りたい!」

「ツリーハウスがいい!」

 

ということで、今度は秘密基地の場所探し。

でも、こんなところ登れないし、夏の竹林は蚊が多すぎる!!

 

「蚊が多いから、川へ行こうよ。川には虫が少ないよ。」

「秘密基地は秋でもできるよ。」

「虫なんて気にしてたら、山で遊べないよ!」

などなど、みんなで話し合い。

 

「こうしたい!」という理想に向かって、アイディアを出し、形にする。

理想通りにいかないことも、壁にぶつかって進まないことも、仲間と意見が合わないときも、いろいろある。

それでも次の「こうしたい!」に向かって、考えてみる!力を合わせてやってみる!

その繰り返し。それが、里山QUEST.

 

QUESTはまだまだつづく!

 

********************
2018年7月現在、里山QUESTの参加者を募集中!

体験もできますよ♪

詳しくはこちら↓
http://www.ecoedu.or.jp/programs/quest2018/

********************

 

【里山のかやねずみ】7/12

この日は、ちょっと朝は小雨が降っていて、
お天気が心配でしたが、かえって涼しくて
気持ちいいくらい??でしたね。
お散歩道ををよく見れば、
小さなイガグリ坊やが。
青くて、小さなトゲはまだ柔らか。
こんなに暑い時にもう、秋の準備をしてるんだね。

炭焼き小屋の池のほとりは、生き物がいっぱい!
小さなカエル、カタツムリ、ちょうちょ、トンボと
沢山の出会いがありますが、不思議なものを発見!
これなんだ?
ということで、早速絵本で確かめるKくん。
なんと、トンボに変身する前のヤゴさんでした!
このヤゴの姿から、トンボを想像するのは
ちょっと難しいのですが、絵本を持ってきて
もらっててよかったね。

今の子ども達は、映像や、紙媒体でからの
知識から入ってくることが多いかもしれませんが
実体験に勝るものはやっぱり、何者にも代えがたいですね。
Kちゃんは、もう絶対トンボとヤゴのこと忘れないね。
沢山の子ども達にこんな体験を沢山して欲しいし、
心と感性を磨いてもらえたら嬉しいなあ。

水遊び、いつも大人気で、桶の取り合いになっちゃうので
この日は大きなたらいを持ってきました!

早速お風呂にしちゃったり、
お洗濯ごっこが始まったり。
大きいと思ってた、たらいだけど、
みんなで使うと、まだちっちゃいな~。
今度は、もっと大きいのを借りてくるね。

いっぱい遊んだあとは、おいしい
お弁当タイム!
そして、今、子ども達が楽しみにしているのは
みんなで作った梅ジュース!
ちゃんと、お弁当を食べた人からもらえるんだよ。
お口の中、きれいに無くなって初めてごちそうさま。だもんね。
ジュースが飲みたくて、頑張ってお弁当食べきれたね。
みんなで作ってみんなで飲む梅ジュース。
お弁当の後のお楽しみとして、すっかり定着しました。

1学期のかやっこも、あと1日。
暑い日が続くので、暑さ対策を万全に。
体調を整えてお越しください。

<今日の絵本>
とんぼしょうねん
ぱんつのはきかた
とんちゃんのおつかい

里山のかやねずみ;大野

 

【里山のかやねずみ】7/10

まずは、今回の水害で被災された方にお悔やみ申し上げます。
一日も早い復興を願わずにはいられません。

先週は、ここも風も強く、もしかしたら
酷い雨がくるかも。という予報で
お休みにさせていただきました。
自然は素晴らしい恩恵もくれますが、
荒ぶる神として、昔から恐れられていたことを
改めて思い知らされました。
かやっこの活動も、安全第一で行いますので
お天気が怪しい時は必ずホームページをごらんください。

10日はいい天気。
水が恋しくなる暑さ。暫くお預けだった川遊びへ。
川は、やっぱり楽しいよね。当たり前になっているけど
いつもの森に改めて感謝です。

ここからの眺めもサイコー!
とYちゃんとってもいい顔❤

Yちゃん、ここまでの道中は山道だし、暑いし。
だっこ~!なんて、言ってたんですけどね。
お友達と、葛のツルをうんとこしょ!どっこいしょ!
と、引っ張る遊びをしたら、楽しくなちゃって、
山小屋まで歩けちゃった。
ここでは、お店屋さんごっこ。
Nちゃんはお母さんが作ってくれたアイス(?)を
ぱくっ!と食べる真似っこ。
あれ?どっちがお店屋さんだっけ?

古井戸の中では、あがったり、降りたりする生き物を発見!
モリアオガエルのオタマジャクシ!
捕まえようと頑張ったけど、とってもすばしっこくて
他のおたまちゃんより賢い??

川につけば、早速カニ探し。
石ころをひっくり返すと、隠れてるんだよね。

この日は、大きなオニヤンマのヤゴも見つけたよ。
初めてヤゴを触ったYくん。
いろんな生き物に会って
だんだんと仲良しになってきたね。

そして、今日の特別ゲストは
ヘビのヒバカリさん!
なんと、三匹三つ巴なところを見つけてしまいました!
この日は、ヘビに詳しいスタッフがいたので
毒がない子なのがわかり、触れちゃいました~!!
小さな蛇はわかりにくいから、むやみに触れないので
この日来た人はラッキーだったね。

この日は、結構暑かったので、いっぱい濡れても
へっちゃら!
川でお洗濯ごっこをしたかと思えば
びちゃびちゃのバンダナをボール代わりに
キャッチボール!
3才になると、だんだんルールのある遊びが
出来るようになってきて。
Nちゃんの次は、Sちゃん、と順番に投げっこ。
お友達と一緒に遊ぶって楽しいね!

3才さんはお仕事もやりたくてしょうがない。
3人の門番さん達、仕事の取り合いです。
働き者だねえ。

かやっこの活動の流れが、何回も来ている子達は
もうちゃんと、覚えていて、どんどんやってしまうので
今年来られた方は、出来ないと焦ってしまうことも
あるかもしれませんが、子ども達だって
経験の中から学習し、成長していくのです。
来年になったら、他の子に教えてくれるくらいに
お兄ちゃんお姉ちゃんになってるから大丈夫!
そのためにも、生活の中でかやっこが
当たり前の場所になってくれるといいな。
7月はあと1回だけど、水遊びが出来るこの時期に
ぜひ、遊びに来てね。

<今日の絵本>
いろがみびりびりぴったんこ
とんとんとん
おしくらまんじゅう

里山のかやねずみ:大野

【里山のかやねずみ】7/3

今年もはや、半年が過ぎ7月に突入。
となれば、やっぱり七夕まつり!
せっかく森に遊びに来てるんだから。
かやっこでは、森の素材を使って
七夕飾り作りをします。

一口に言っても、葉っぱだって、
いろんな色、いろんな形、いろんな手触り。
飾り方だって様々。
Uちゃんは、摘んだ葉っぱを細かくちぎって
丁寧に貼り付けていました。

Kちゃんちは、お母さんも真剣!
工作が好きな血が、受け継がれているようで、
じっくり、集中してと入り組んでいる
姿が、瓜二つ!

ほら、こんなに素敵な飾りができました!

もちろん、工作だけしていたわけではありません。
道中のヒノキボールを池にちゃぽんと
放り込んだ時のいい音にすっかりはまったUくん。
自分なりの遊びを見つけるのが上手になってきて
沢山のお友達がいても、落ち着いて、
じっくり遊べるようになってきました。

この日も暑かったので、水遊びは必修!
全身びちょびちょになるまで
夢中になって、結局工作は
お持ち帰りの子ども達も。
Gくんは、ママの靴磨きに夢中。
なんでも遊びになっちゃうね。

この日もカエルさん、イモリさん、カナヘビさん。
いろんな生き物に出会えましたが、
なんと、この日はおなかが大きい子達が多くて。
産卵をしているメスのトンボの上を
警戒して跳ぶ、オスの姿も見られて。
生き物の命がめぐり、輝く夏。
子ども達も、お母さん達も、生き物達の
小さな命をたくさん感じていってくださいね。

<今日の絵本>
たなばたバス
うみのおふろやさん

里山のかやねずみ:大野

【里山やっほ】

水曜日は、「水」がつくからでしょうか。
何故か雨に好かれて。残念なことに
二回も雨にたたられ。
13日と、27日。6月は2回だけの
日程となってしまいました。
が、新入生の子ども達も、
やっほの活動や遊びに
慣れてきてくれたようです。
前年度から継続している子達から出てくる
こんな事できるかも、や、やってみよう!という
力に引っ張られて、木の実のお絵かきや、
天然の土粘土遊びなど、山ならではの素材で
繰り広げられるバリエーションの豊かな遊びに、
触れなくても興味を持って見ることが出来るようになり、
寂しくなって涙を見る、ということが
ぴたっとなくなりました。
 

グリーンクラブの杉林では、男の子グループが出来て
一緒に遊ぶ姿が見られるようになりました。
大工さんごっこ?を思いついたらしく
切り株に木の釘?なのか棒を刺しては、コンコン!
木の皮をはいでみたり、地面を掘ってみたり。
お互いに何やら相談しながら進めている姿は
ホントの大工さんの様。
この遊びはよほど気にいっていた様で、
1週とんだ翌日のやっほでも、その続きを
みんなでやり出していました。
 

13日は、グリーンクラブのおじさん達の
ご厚意で、梅の実の収穫もさせていただきました。
手が届かないところは、棒でつついてみたり、
木を揺すってみたり。
その集中力といったら素晴らしくて。
今年から参加の年中さん達も
頑張って採っていました。

ここには、みんなに大人気のブランコも。
ちょっと、高いし、不安定だし。
公園のブランコよりずっとスリリングなんですが。
ほら、このとおり。
まるで、アルプスの少女ハイジみたい?

ブランコでも、道中の山歩きの時も
梅の実採りの時も。
初めての子達を、優しく助けてくれる
年長さんたちの姿が見られ、
仲間意識をもって動けるようになってきた姿に
それぞれの成長を感じます。
やっほのチームとしての
これからが益々楽しみになってきました。

芝生広場の行くと、
ふわっふわで、綺麗にそろった枯れ草が。
こんなのを見たら、遊ばないではおられないよね。
クルクルっとまとめて、飾りを作ってみたり
小さな鳥の巣を作っているかと思えば
ベットにする!と、みんなでゴロン!寝られるくらいの
お布団にしたいらしく、せっせと、みんなで集めて。
一人で遊ぶより、みんなで遊ぶと、面白い事が始まるね。
干し草一つで、心を一つにして遊べる子ども達。
こんな時間がもっとあったらいいのにね。
この日は時間オーバーになってしまいましたが、
また、続きをしようね

7月も天候が不順ですが、どうかみんなと遊べますように!

里山やっほ:大野

 

 

【里山のかやねずみ】6/28

炭焼き小屋周辺は、川とはまた違った
いろんな生き物に出会えるのが魅力のひとつ。
この日は、朝から小さなヘビにもご対面。
子ども達が触っているのは、
ヘビはヘビでもカナヘビくん。
トカゲの仲間です。
口をあけて噛んでも、歯がないから痛くなくて,
わざと噛んでもらいたがってたのは誰だっけ?

蔓で作ったお皿の上に乗っているのは
透き通った、カワトンボの抜け殻。
Aくんのママが見つけてくれました。
子ども達の中で、飛んでいるトンボと
繋がったかはともかく、
本物の虫に見える抜け殻。
「みんなに見せてあげて」と頼まれて、
律儀に見せてくれているKくんと
いったい何なのか?戸惑っているHちゃんの図。

この日は、赤ちゃんカエルさんと
友達になれた子が何人もいたね。
プリンカップをおうちにしてあげていたのはKちゃん。
ずっと、一緒にいたよね。

まだ、ちっちゃくって、
黄色っぽいかわいい姿に
最初は指でツン、と触るだけだったのに
カエルさんが、自分のところに
ぴょん!と飛んできても
大丈夫になって。そのうち自分から
手のひらに乗せて。と手を出せるようになって。

Tくんは、この日初めて、カエルと友達になりました。
初めての頃はママからも離れられなかったのに。
積極的に自分から挑戦する姿が、沢山見られるように
なってきたTくん。これからが楽しみです!

水遊び場は、やっぱり大人気!
その分、場所の取り合い等トラブルも
もちろん起こりますが、子ども達がどうするか
見守るのが基本のかやっこ。
危ないことは止めるけど、その時どんな心の動きが
あるのか、見守り、受け止めてあげることのほうが
大事だと思っています。
心が動いた時、わかってくれてるお母さんがいるから大丈夫!
と、子ども達も頑張れるんです。
トラブルは成長の種。
ひとりっこが多くなっているから
ケンカだって、経験してない子が多いでしょ?
ここでたっぷり、経験を積んでいってくださいな。

そんな喧噪をよそに
Sちゃんが黙々と楽しんでるのは
藻釣りです。
そーっと、引き上げると付いてくる藻。
自分が面白いと思ったことを
集中して、じっくり楽しめるっていいね。

今日はのんびりモードで、
エネルギーを爆発させたかったんでしょうか。
突然走り始めた子ども達。
かけっこ競争にしちゃおう!
「よーい、ドン!」
「ゴール~!」
 

「がんばれ!がんばれ!」
応援するのが楽しくなちゃった子も。
今年三才になる子ども達は、友達同士で
盛り上がる遊びが大好きになってきました。

この日も、すっかり夏空で
暑かったはずなのに、森の中って、
かけっこが楽しめるくらい涼しかったね。

来週はもう7月。
例年より梅雨明けが早いみたいだから
七夕様も今年は大丈夫かな?
七夕飾り、作ろうね。

<今日の絵本>
むしむしとことこどこいくの?
でんでんむし
ふうこちゃんのリュック

里山のかやねずみ:大野

【里山のかやねずみ】6/26

見て!この満面の笑み♥
大好きなカブトムシさんに
この夏、初めて会って、
初めて触れられた瞬間です。

やっぱり、カブトムシは森の王様。
ホリデーの森のおじさんから
「初物だよ」と、この朝頂いたのですが
虫が大好きな子はもちろん、
苦手な子も朝から釘付けでした。
最初は怖い子も、ゆっくり動く
カブトムシさんは、みんなで
ジーっと観察していると、
怖くなくなってくるみたい。
お母さんが最初に触ってくれると
触れるようになったり。
こうして、生き物と仲良くなって
いけるといいね。

暑い時には、川遊びが一番!
と、川までおでかけ。
でも、その道中だって、遊べっちゃう!
ちょっと、蔓を引っ張ってみると、
あれあれあれ?なが~い!電車みた~い!と、
電車ごっこが始まりました。

こちらでは、いい滑り台を発見!
太ーい木の根っこが、
丁度いい滑り台になっているのを、
自分で見つけたGちゃん。
ちゃんと加減を見ながら、
何度も楽しんでいました。

川についたら、早速生き物探し。
橋の下に小さな魚を見つけたKちゃん
びっくり!いい顔♥
こんなところに、小さな魚がいるなんてね。
このあと、自分で捕りたくて、
一人で頑張っていました。
 

先日から来始めたKくん。
今日は初めての川遊びで、
最初は、お母さんに誘われて
ちょっと川に入ってみるけど
すぐに上がって。を繰り返し。
水遊びをする中で、だんだん慣れてきて。
そのうち、サワガニだって触れるように
なちゃいました!

朝のカブトムシから始まり
初めての体験がいっぱいだったKくん。
その度に、ちょっと不安な顔から
やってみようかな。→やれた!→楽しい!と
体と心が動いていく姿が見事で。
今しかない、子育ての喜びの瞬間の一つを
見せてもらった感じがしました。

こちらも、まだ2回目のKちゃんでしたが、
3歳になる子ども達ともすぐに意気投合。
目一杯遊び尽くした感じだったね。
このはじける笑顔のために、
お母さん達は毎日頑張っているんだよ。
今しかない子ども時間、
お母さんも、子ども達も
たっぷり、たっぷり
味わって、楽しんでね。

<今日の絵本>
あまがえるのあおちゃん
すなはまのあな
でんしゃにのったよ

里山のかやねずみ:大野

【里山のかやねずみ】7月集合場所

  里山のかやねずみ。7月は
   3日から17日までの火・木5日間になります。
    集合場所は、全日リンゴ園。
                夏休みを経て、9月は4日(火)からになります。
   暑くなってくるので川や、水遊びがメインになります。
   
   7月お楽しみ日は『森の七夕まつり』。
     森ならではの飾りを作って、七夕まつりをしましょう。
     (小さいお友達でも、簡単に作れちゃう飾りです)
   3日(火)もしくは6日(木)に開催予定です。 お楽しみに!

  里山のかやねずみ:大野

【報告】里山やっほ 5月

5月に入り、まずはお楽しみ企画から。

そう、よもぎもち作りです!

最初はなかなか他の葉っぱと見分けがつかなかったけど、なんとか違いが分かるようになってきました!

よもぎ摘みで集めた葉をみんなで洗い、ゆでるのは大人がやりました。

次は包丁でトントントン。

こねこねしておもちもつくります。
 

じょうずにできたでしょ?

味付けはきな粉と蜜!
みんな、お味はどうかな?
「おいしい!」
 
満面の笑みをいただきました!

山での冒険もいいけど、たまにはお料理もいいね!

 

2週目は今度こそお山・・・と思いきやクワの実に夢中。

自然の中でのお食事体験は病みつきになりつつあります。

この日は気温が高かったため、水たまりや流れてくる水に触れながら川を目指しました。

男の子はやっぱり生き物探し!
カニは定番だね。

「葉っぱ流ししようよ」「さっき拾ったこれも流れるかなぁ」

「タオル流しも面白いよ」
 

「濡れたタオルはおでこに当てると気持ちいいんだよ」

スタッフもひんやりと気持ち良さを味あわせていただきました。

中には川とプールの違いに気づき、感動を素直に言葉にしてくれた子もいました。
そこから
「川とプールの違いって・・・なんだろうね」
と振り返りの場でみんなにも広げることが出来ました。
そして糀ヶ屋に戻ってクワの実とり。
また食べ物に戻ってきてしまいました・・・
 

3周目は久しぶりのがっつりお山!

先週あれだけ食べていたクワの実が、今週はお絵かきグッズに大変身!
個性を活かした作品たちが創出されていきます。
 

しっとりしているから泥だんごも作りやすい。

しっとりした葉っぱをよ~く観察すると・・・
ほら、かたつむりさん!見つけたよ!

発見をしつつも山を登り、大クスノキがある尾根にたどり着きました。
ここで相談タイム。どのようなルートで戻るべきか、話し合いの時間がやって参りました。
「登って来た道を降りて帰ろうよ」
「新しい道から行きたい」
「どっちの道が近いのかなぁ」

新しい道を進み、今度は分かれ道。
道が3つに分かれてる!来た道も合わせると4つだ!
どの道に行けば帰れるかな?
「こっちの道は違うよ!だって向こうにお屋敷が見えるから」
「こっちへ行くと登ってっちゃうから違うよ」
すると正解の道は・・・?と子どもたちは自分の意見を言って答えを導き出しました!

 

里山やっほではゆったりとした時間を大切にしていますが、思いのほか子どもの成長は早い物です。
泣き虫の子もいつの間にか下の子を気遣うお姉さんになっていたり、あまりしゃべらない子がしっかりと自分の意見を言えるようになったり。

一年を通してどんな成長を見せてくれるのか、これからも楽しみです!

 

里山やっほ:下村