里山BASE

新型コロナウィルスへの対応について

エコエデュでは、6月1日(月)よりプログラムを再開いたします。
実施に当たっては、感染拡大防止策を徹底していきます。
ご協力のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

子ども達が、人とふれあう幸せ、学ぶ喜びを徐々に取り戻してくれますように

●新型コロナウイルスに対するプログラム開催方針について 10/16 版【PDF】

キャンセル待ちにて受付しています
受付終了
対象
【小学1~6年生】
8名
フィールド
エコエデュ事務所周辺
参加費
3,000円/回(税込・当日集金)
ちかりん
スタッフ

◎ちかりん、ふじ、ゆっきー

あるもので、遊ぶチカラ。

里山には虫たちがすむ森や、魚やカニのいる川、
草花いっぱいの野原があります。
自然や友達と関わり合いながら、そこにあるものだけで
自ら遊びを生みだす!
その過程で、好奇心や気づく力、工夫する力、
関わろうとする力など、生きていく上で必要な力が身につきます。

里山がまた遊びに行きたい大切な“BASE(基地)”になってほしい。
創造性をもって前向きに生きていく“BASE(基盤)”を育てたい。
“BASE”にはそんな2つの願いが込められています。

※ちょこっと編は送迎がありませんのでご了承ください。


里山BASEが目指す子どもたちの姿

  • 実感をもとに自分で決める
  • 工夫を加えてチャレンジする
  • 友達と関わることで、変化するアソビを楽しむ

未来を生きる子どもに、必要なチカラ。

私たちは今、50年程前に予想された課題がまさに顕在化した社会に生きています
その課題は今後も深刻化・多様化・グローバル化していくことが予想されます。
未来を生きる子ども達は、これらの課題に向かい合って生きていかなければなりません。

すぐに答えは出ません。答えは一つでないかもしれません。
今日正解だったものが明日には間違いになることもあります。

自然物に決まった遊び方はありません。
自然の中には「アソビ」の種がいっぱいです。
子どもは自然アソビを通して、目の前にあるものに様々な価値を見出したり機能を持たせたりします。
そのチカラが、一つの物事を多角的に捉えたり問題解決の糸口を見出したりする
土台【BASE】になるとエコエデュは考えます。

スタッフの基本姿勢

  • 教えず、先導せず、「問い」を向けることでこども自身の考えを耕します。
  • ほめることで、表現する力・対話する力・提案する力を伸ばします。
  • 子どもの挑戦を尊重しつつ、
    安全が確保されるよう充分に配慮します。

■ 里山BASEは創造性教育の考え方を取り入れています。■

スケジュール

7月23日(木・祝)  

 午前の部・・・9:00~12:00
 午後の部・・・13:00~16:00

※小雨決行/荒天中止

こんな一日を過ごします

*エコエデュ事務所に集合

9:00 はじまりの会
~たっぷり里山遊び~

11:50 おわりの会
12:00 さようなら

*エコエデュ事務所で解散

※タクシー送迎はありませんのでご了承ください。

持ち物

・リュックの中には、水筒(保冷できるものがオススメ)、おてふき、タオル、レジャーシート、ティッシュ、汚れてもよい手袋(軍手でも可)、保険証のコピーを入れてください。

・別の袋に、筆記用具、雨具、着替え、替え靴を入れて用意してください。
(着替えを持ち歩くことはあまりありません)

服装

汚れても良い服装(長袖・長ズボン)、はきなれた運動靴、帽子

実施場所

静岡市駿河区有度山北麓
にぎわい広場、または糀ヶ谷広場周辺

※  詳細は活動フィールドをご覧ください。

参加費

3,000円/回(税込・当日集金)

基本の服装・持ち物

  • 基本の服装・持ち物
  • 安全についての考え方

お申込み方法

※どちらの時間がご希望か、備考欄にご記入ください。

※最少催行人数に満たない場合は中止することがあります。
※第1回と第2回の人数が偏った場合は、変更をお願いすることがあります。

プログラムの報告・お知らせ