第11期理事会 [2019-2020年度]

エコエデュ理事長の継続任期は、最大2期4年です。 理事は1期(2年)に1度、総会での信任選挙を通過して改選され その際、正会員は理事に立候補することができます。 またその時期の経営課題解決のため、外部理事を招聘することもあります。
>>>歴代理事長一覧2020

 

理事長 山本 由加

(2008年からエコエデュ職員・事務局長・副理事長を歴任/
 静岡市市民活動促進協議会副議長)

このたび6月1日を持ちまして、理事会決議をもとに、
前理事長・杉山達也氏の後を継ぎ理事長に就任致しました。

今年はエコエデュが法人化して20年、
前身団体の設立から数えると31年目に当たります。
個人的ではありますが、私が人と自然の関係を見つめ始めてからも
30年が経ちました。
そんな節目に理事長を拝命致しましたことに感慨を覚えます。

2020年、世界中が同時に凄まじい体験をしています。
教育、医療、経済、文化。
あらゆる「あたりまえ」が揺さぶられ、在り方を根本から問われています。

遡ること4年前の2016年、
エコエデュは「笑顔で挑戦し続ける社会」を実現すると定めました。
素朴な自然活動団体としては壮大ですが、
エコエデュらしい丁寧な対話の中でこの言葉は採用されました。
まるで全体で、2020年を予感していたかのようです。

エコエデュは人と人、人と自然が
リアルで学び合うことを手段としてきた活動体です。
その大切な手段が封じられた数ヶ月、
この言葉はむしろ輝きを増し、
子どもたちから、スタッフから、たくさんの挑戦が生まれました。
私はそんなエコエデュの第一のファンであると自負します。

私の理事長としての役目は、挑戦の環境を創ること。
挑戦を言祝ぎ、惜しみなく支援する文化をますます強靱にすること。
それを社会全体で達成していくこと。

そんなお約束をもって、理事長就任のご挨拶に代えさせて頂きます。

2020年6月1日
認定NPO法人しずおか環境教育研究会【エコエデュ】
理事長 山本 由加

理事

兼髙 里佳

エコエデュ副理事長・中学校教員 

山下 和昭

自営業・会員主催事業「わく☆ドキ★ぐりぃ〜んず」元主担当 

山崎 訓志

(株)アール・エス・ティー役員

山本 洋平

草薙商店会長・(株)県大文化通信代表

鈴木 玲子

エコエデュ事務局長兼任

監事

渡邊 満昭

小学校教員

事務局

 事務局長 鈴木玲子

 事業主任 柴崎千賀子

 事業担当 石川友紀

 事業担当 藤浪千枝

 事業担当 東山浩子

 事業担当 大野知子

 事業担当 岡野弥生