新しい公共支援事業 NPO交流会に参加しました

2/15(水)、静岡リビング新聞社が運営する寄付募集支援のためのNPO交流会が
ふじのくにNPO活動センターで開催されました。
※こちらは新しい公共支援事業(内閣府)のひとつに位置づけられています。

寄付については猛勉強中のエコエデュ事務局、
副理事長の日向と事務局長の山本が行ってきました。

寄付についての意見交換ワークショップと交流会では
すでにステークホルダーと厚い信頼関係を構築している先輩NPOのお話に
これから目指すところを再確認。

一番の収穫は、自分たちの本来事業で社会に対して結果を出し続け、
さらにそれを社会にきちんと発信し続けてはじめて

社会の、支援者の、市民の心が大きく動いて寄付という形になるのだなあ・・・
という実感でした。寄付はゴールで、スタートではないのですね。
ワークショップ 静岡県市民活動団体紹介ブックにも掲載されました
※寄付を促進するための、静岡県市民活動団体紹介ブックにも掲載されました!

道のりは遠いですが、エコエデュは一歩一歩進みます。
みなさまのご支援よろしくお願いいたします!


カテゴリー: エコエデュだより, お知らせ タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。