野外保育【里山いっぽ】体験会

野外保育「里山いっぽ」体験会を開催しました!
秋晴れのよいお天気に恵まれ、こどもたちは野原や森を
お散歩しました。

斜面を登ったり、お山から「やっほー」したり
2歳児さんたちいろんなことに挑戦できます。

森の中を歩いていると
丸太が埋もれていました。
草をどけてみると
なんだか電車みたい。
森の電車が出発!

この電車には一人一人に思いがあったようです。
「この電車はしゅっぱつできない」
「点検整備をしないと」
「みんなでのりたいな」
「先頭には僕がなりたい」などなど。
言葉にはしませんが熱いまなざしから見てとれました。

自然の素材をもとにあそびが生まれ、こどもたちによって広がり、
こどもたち一人一人に根付いていくようにも見えました。

本日は午前中だけということもあって
あっという間の体験会でした。

体験会を開催して感じたことは
4月まではまだ半年もあり、
こどもたちは今も、今を生きて、伸びようとしているということでした。

多様な生命が感じられる里山は、想像力と創造力の元となる
感性を培うに十分な場所。
週3回ではありますが野山を駆け回ったり、季節を肌で感じたり
することの繰り返しをこどもたちと共に歩んでいきたいと
改めて感じた半日でした。

ご参加いただいたみなさまありがとうございました。


カテゴリー: お知らせ, プログラム報告 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。