「里山のかやねずみ」11/16お母さんの笑顔

今日は金曜日ゆっくり散歩の日です。
♪まつぼっくりが あったとさ~
 た~かいおやまに あったとさ~
体操のうたですが、ホリデーのお山にのぼったら
本当に、ころころ ころころ松ぼっくりがたくさん落ちていました。

Dちゃんとお母さん、いい笑顔です。
このあとDちゃん松の木の切り株に乗ってジャンプしていました。
Dちゃん歩くの大好きで、お母さんを離れてとことことことこ行ってしまうけれど
お母さんがちゃんと遠くで見ていてくれるのを知ってます。
「ママ」のところは一番安心。

こちらはTくん、やりたい!きもちのたくさんある元気な子です。
Tくんよりずっと大きい木の枝を見つけてひっぱりました。
それを見ていたお母さん、Tくんのやりたいきもちやがんばるきもちに応援してくれました。

初めてフユイチゴを摘んで食べている親子です。
ちょっとすっぱいイチゴをお母さんと一緒に味わっていました。

みんな みんな 素敵な子 素敵なおかあさん。
自然の中は、その子一人一人の思いを無限大の可能性で受けとめてくれます。

日曜日、かやっこに1才~から来ていて、お母さんに赤ちゃんができたため、数ヶ月
休んでいた3才の女の子Aちゃんとホリデーの森をお散歩しました。
久しぶりだったので忘れちゃってるかな~と思ったのですが、
「Aちゃん木登りやりたい」「Aちゃん(ホリデーの)キッチン行く」
「Aちゃんイチゴにいきたい」と、「いこうよ、やろうよ」という気持ち感じました。
Aちゃんのなかにホリデーの森のイメージがあり自分のやりたいがしっかりとあることに感動しました。

大好きな場所、木に登ったときのうれしさ、イチゴの味。Aちゃんの心の中に、五感のなかに
森で過ごしたことが、自分から湧き出る「やりたい」につながっているんだろうなと
思いました。Aちゃんありがとう。また一緒にお散歩しようね。


カテゴリー: プログラム報告 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。