「里山のかやねずみ」1/24またまたグリクラへ

またまたグリーンクラブへおじゃましました。
グリクラさんはとても暖かく、風があまり吹かない場所です。
子ども達は
グリクラさんの作業小屋が好きです。
花見亭という東屋もあります。
花見てぃ
荒れ放題だった土地にサクラを植えて、
古い小屋を丁寧に改装してつくった場所です。
休憩
人が手を加えるってなんて、あたたかな場所に
なるんだろうと思います。

木登り広場には
倒木を利用して、丸太を馬の形に組み立てたものがあります。
木登り
「これは、子どものおうまさん」
「こっちはおかあさん」
「おおきいのはおとうさん」
っていっていました。
乗せてもらったお礼に、
首のあたりをなでてみたり、
えさをあげたりしています。
こどもたちのイマジネーションや
ファンタジーを創り出すちからって
すごいな、そしてすてきだなって感じます。

大人が想像もしない豊かな感性と感性のやりとりが
響き合って、みずみずしい瞬間を次々に生み出していきます。
子ども達の感性って本当にすばらしい!!!
※2013年度「里山いっぽ」では、満3才の子ども達のあずかりを
実施予定です。ただいまエントリー期間中(2/8まで)です。
まだ早いのでは?と考えていらっしゃる方も多いことと思われます。
ひと月ひと月の成長はめざましく、3才のお誕生日を迎える頃は
言葉も上手になってお友だちにぐっと興味が向いてきます。
少しの時間お母さんと離れるからこその緊張感と、おともだちとのやりとりにおいて
の発見や楽しさの中で、自然に身体も健やかに成長していきます。
保育者と密で温かな信頼関係を保ち子どもの成長を見守りませんか?
ぜひエントリーお待ちしています。気軽にご相談ください。


カテゴリー: プログラム報告 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。