【里山いっぽ】なぜ自然の中?(2)

里山いっぽはを主催している「しずおか環境教育研究会」は
「森のようちえん全国ネットワーク」に登録しています。
全国各地で、森や里山など自然の中で教育を行う団体が増えています。

なぜ、今、自然なのでしょう。
幼児が置かれている社会状況があると思います。
現代は大人にとって都合のよい、便利で快適な生活環境が整っています。
大人にとって、都合がよくても、
子どもにとっては、健全な心と身体の成長が妨げられてしまうのでは
ないでしょうか。

幼児期の子どもたちは、内なる自然に正直な
感性、感覚であらゆるものをとらえる存在です。

里山いっぽは自然の中で過ごすことを日常にすることを通して
自然の持つ教育力を享受し、その子がその子らしく豊かに育つ
過程を支援していきます。

木の実


カテゴリー: プログラム報告 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。