里山いっぽ9/18お月見だんご

今年の十五夜は19日木曜日でしたが、

いっぽでは一日早くお月見団子を作りました。

子供たちが一生懸命かかわる畑でとれた「かぼちゃ」を

ペーストにして、白玉粉に混ぜお団子を作りました。

 

だんごづくり

「バッタ」組の3人です。なかよし~

そして、お兄ちゃんに見えますね。

団子とお団子づくりが大好きな4歳の子供たちです。

 

今回は、かぼちゃのお団子なので、スイーツとしていただくことにしました。

小豆と氷を入れて冷やし汁粉。

お月見団子

かぼちゃの黄色がお月様のようです。

お弁当の後にいただきました。

下の写真は17日月曜日のものですが、

子供たちにとって『畑』はお仕事をしてから遊ぶところなのです。

写真から子供たちの真剣さが伝わりますか?

大根のたねまき

子どもたちがお世話した「かぼちゃ」半分残っています。

隣の畑のおじさんにいただいた冬瓜もあります。

今度どんなお料理にして食べようかなあ。

一緒に食べるって、やっぱり楽しい!

 

 


カテゴリー: プログラム報告 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。