【里山のかやねずみ】10/3秋の遊び

今日は秋晴れの気持ちの良い日なので
たくさん歩いて遊森民広場まで行くことにしました。
トンボ池を通って三本杉広場に向かいます。
木の橋を渡ると、大きな蜘蛛の巣がいっぱいありました。
Nくんのママが蜘蛛の巣に葉っぱをつけると、Kくんもやってみたくなりました。
クモの巣
なかなか上手く葉っぱがつかないけど、やはり諦めずに何回も何回も挑戦していました。
お母さんもKくんが出来るまで何も言わずにじっと待っていてくれます。
だから安心して諦めずに粘り強くチャレンジできるんでしょうね。
       
遊森民広場は、クズのつるで溢れかえっていました。
以前来たことのある参加者さんが、この違いに気づいてくれました。
ボランティアの方が里山を整備してくださっているおかげで私たちは活動できるんです。
ここで、たくさん秋を見つけました。
チカラシバ、クズのたね、カラスウリ…。
AちゃんとSちゃんはカラスウリを割ってお料理をしました。
秋のお料理ごちそう
       
HくんとJくんは二人仲良くどんぐり拾い。
HくんとJくんは歌が自然に溢れてくるんです。
今日はHくんがよく歌っていました。
思わず口ずさめるって幸せです。
それを聞ける私たちも幸せです。
なかよし
       
柿の木広場でもヤマノイモの果実で天狗の鼻ごっこをしたり、
変身
広場のくぼみでお風呂ごっこをしたり
おふろ
たっぷり秋の自然あそびを楽しみました。


カテゴリー: プログラム報告 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。