里山やっほ10/2大根の間引き

やっほに新しい子が入ってきてくれました。
 
ちょっと緊張気味でしたが、同じやっほの子たちが分け隔てなく接してくれ、その子自身の性格もあってすぐに楽しそうに遊びました。
 
これからよろしくね。
 

 
やっほ活動前半は先週と同じようにクリ拾い。
 
だけど、今日はなんだか実が少ない。
 
そのうち上に登って食の広場で遊び始める子もいれば、木登りをしてまだ枝についている栗をどうにか落そうと揺する子もいて遊び方が分かれてきました。
 
木登り
 
食の広場で栗拾いや水遊びをした後、リュックを背負って畑に向かいます。
 
途中で川に架かった橋を一人ずつ渡ります。
 
「ロンドン橋渡れ、さぁ渡れー♪」
 
渡り終えた子が周りを確認し、後ろで待っている子に「いいよー」といって促します。
 
年長の子たちは慣れているもので、橋の上でもダダダっと走って素早く渡り終えます。 
散歩
 
畑に着くと大根の芽が出ていました。
 
「葉っぱが出てるー!」
 
ひょっこり出てきた芽に子どもたちは興味深々。
 
そこから大根の間引きをおこないます。
 
「お隣さんとギュウギュウになっているダイコンさんを抜いてあげてね」
 
大きい子たちはさすがです、説明した通りに一本ずつ抜きます。
 
年少の子たちも実践しながら教えてあげると、丸ごと抜いていたものから丁寧に一本ずつ抜いてくれるようになりました。
間引き

間引きで抜いた大根の葉っぱはおみそ汁の具材になります。
 
全員の袋に少しずつ入れた今日のお土産、どんな味だったか今度のやっほで教えてね。


カテゴリー: お知らせ, プログラム報告 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。