【里山のかやねずみ】9/27

久しぶりの、見事な晴天の日。
ずっと雨続きだったので、子ども達は
うずづずしていたのでしょう。
ヒガンバナが咲いているのに、日差しは夏。
という暑い里の道もものともせず、草花遊びや
虫捕りに夢中でした。

頑張って歩いた先は、川!
冷たい水が心地よかったね。
やっと歩けるようになった小さい子ども達だって、
お友達と目を合わせながら、ぴちゃぴちゃ。
小さい子は小さい子同士のコミュニケーションが。
なんとも微笑ましいです。
%e3%81%82%e3%81%8b%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0
川は、大人も子供に帰らせてくれる
大事な場所です。
カニやお魚をつかまえたくて、お母さんたちも
子供達に負けず、頑張っていました。
%e3%81%ab%e3%81%8e%e3%82%84%e3%81%8b
お母さんと一緒に、生き物をじっと観察。
こんな時間、すてきですね。

%e3%81%8a%e6%af%8d%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%a8%e4%b8%80%e7%b7%92
虫が苦手なお母さんも、
本当は怖くてドキドキしていても、
ぐっと、飲み込んで、
子どもに寄り添ってくださっています。

こどもと世界の入口には、
お母さんというガイドさんがいて。
お母さんが表現するその感性を、
そのまま子ども達は受けとります。

普段の忙しない生活のなかで、
硬くこわばってしまう感性を、
里山で、柔らかく解きほぐし、
素敵な親子の時間を
過ごしてくださいね。

今日の絵本
「かいものづくし」
「おならのうた」


カテゴリー: お知らせ, プログラム報告 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。