11月から新メンバー加入♪
みんな大喜び\(^o^)/
 
新メンバーの提案で『焚火でなんか焼いて食べる!』ことに初挑戦することにしました。
3人ずつ3つのチームに分かれて挑戦!
 
さあ、まずはたきぎ拾い探険だ!
日当たりの悪い竹林へ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「落ち葉あったよ」「この枝はどうかなぁ」
チーム関係なく、みんなで力を合わせて集めます。
 
すると、竹チップが撒いてあった所が茶色くていい土色に。
「この土、栄養ありそう」
「畑にまこう!」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
バケツに入れて、持って帰り、後で畑にまきました。
 
だってね、ほら、ブロッコリーができ始めたんです。
「もっと大きくなあれ!」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
さあ、火おこしだ!
バケツコンロという小さな焚火台に、落ち葉や小枝をいっぱい入れて…
シュッ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お!マッチすりはなかなかうまい!
 
火がついた?つかない?
風を防ごう!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
火がついた?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
いやいや、燃えてるのはマッチだけ。
「おかしいなぁ。すぐ消えちゃう」
 
「そうだ!マッチをいっぱい入れればいいじゃない?」
え?マッチ何本必要なのさ。
 
誰かが「湿ってるから燃えないんじゃないの?」
「マッチ棒は乾いてるから燃える」
「今後は乾いてる落ち葉を探そう!」
「新聞をうちから持ってこよう!」
 
その日、失敗からヒントを得たのでした。
栄養のある土と、湿ってる落ち葉は畑の中に…
「美味しい野菜ができますように」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
そして、リベンジの今週!
今日は隊長がお休み。
「隊長が体調をくずして休んだ」
なんてオヤジ顔負けのギャグをとばす子どもたち。
 
今日は女の子がサツマイモを持ってきてくれました。
目標は「火をつけて、全体がぼわって燃えて、周りが明るくなって、体があったまって、美味しい焼き芋が焼けること!」
やる気に火が付いた!
 
チーム分けどうする?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ここもとってもおもしろかったが、説明すると長くなるので残念ながらカット!
なんとか2チームに分かれ、リベンジ!
 
いざ、乾いてるたきぎ探しへ!
なのに、また湿ってる竹林へ。おかしいなぁ…
そして、大量の新聞紙を丸め始めた。おかしいなぁ…
 
そこでちかりんは考えた!「私もチャレンジ!」
もちろんたきぎは子どもたちとは違う場所で調達。
新聞はちょっとしか使いません。
 
子どものバケツコンロ と ちかりんの焚火
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
子どもたちのは、燃えても上のほうがボーボー。
 
火が弱くなると、新聞を投入!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ファイヤー!この繰り返し。
でもわかった!「紙は燃えやすい!」
 
もうひとつわかった!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
うちわであおぐと火が強くなる!
 
でも、すぐ火が小さくなっちゃうよ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
ちかりんのとどこが違う?
「ちかりんのは、木がたくさん入ってる」
火はどういう向きで燃えるの?
「下から上!」
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「そうか!火の上に枝を乗せてあげればいいんだ!」
 
お芋焼けたかな?
2つに割れた!いいにお~い!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
おいしい?
「ゴリゴリ。固い」
「焼く時間が短かったんだよ」
「だって火が消えちゃうから」
「ちかりんのはまだ燃えてるよ」
どうしたらいい?
「木を入れる」「細いのや太いの」
どんな順番?
「火は下から燃えるから、下に紙」
木はどんな順番?
「細いのが下。太いのが上」
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
温まりながら作戦会議。
次は柔らかくておいしい焼き芋ができるかな?
乞うご期待♪