子どもたちのチカラでQUEST-探求-する、里山QUEST

週一回、水曜日の放課後に里山に集い、それぞれのQUESTを深めています。

 

6月の里山QUESTでは、引き続き「イモリとみんなの池」に、
どうやったら水をためられるか?をみんなでQUEST。

 

思いついたのは、エコエデュの事務所の裏を流れている小さな沢から、
水をひくという方法。

どうやって水をひくか、考えた結果…。

 

水路を地下に作る!

①まずは、沢から池まで続く細長い穴を掘る

②その穴に、半分に割った竹を埋め込む

③沢から流れた水が池に届く

という予想。

 

ということで、まずは竹を切り、半分に割ります。

 

同時進行で、穴を掘っていきます。

水路予定地にひもで印をつけるなど、本物の工事さながら。

でも…ここで問題発生。

この穴につまずいて、エコエデュのぴあのんが転んじゃったんだって!

 

ということで、残念ながらこの計画は中止に。

みんなで穴を埋めました。

 

さて、今度はどうしよう…。

 

じゃあ、水が流れている場所を探して池を作ろう!

ということで、エコエデュ事務所裏にある竹林へ。

いい場所があった!と、土を掘り掘り…。

 

 

色んな生き物にも出会ったね。

 

さて、「イモリとみんなの池」を作りながら、こんな意見が出てきました。

「秘密基地を作りたい!」

「ツリーハウスがいい!」

 

ということで、今度は秘密基地の場所探し。

でも、こんなところ登れないし、夏の竹林は蚊が多すぎる!!

 

「蚊が多いから、川へ行こうよ。川には虫が少ないよ。」

「秘密基地は秋でもできるよ。」

「虫なんて気にしてたら、山で遊べないよ!」

などなど、みんなで話し合い。

 

「こうしたい!」という理想に向かって、アイディアを出し、形にする。

理想通りにいかないことも、壁にぶつかって進まないことも、仲間と意見が合わないときも、いろいろある。

それでも次の「こうしたい!」に向かって、考えてみる!力を合わせてやってみる!

その繰り返し。それが、里山QUEST.

 

QUESTはまだまだつづく!

 

********************
2018年7月現在、里山QUESTの参加者を募集中!

体験もできますよ♪

詳しくはこちら↓
http://www.ecoedu.or.jp/programs/quest2018/

********************