今年度3回目の開催となりました、週末版「里山のかやねずみ」。

暑いくらいの秋晴れの中、たくさんの親子さんが参加してくれました♪

 

 

 

 

「里山のかやねずみ にちようび」は、0~3歳のお子さんとその親子の森のようちえん型プログラム。

平日に行われている「里山のかやねずみ」の週末版です。

お子さんが0~3歳のいまだからこそできる、

親子でじっくり遊び込む時間を大切にして欲しいと考えています。

 

まずははじまりの会で、元気いっぱい、たいそう!

 

 

 

 

そして、バッタさんの絵本を読んで、物語の中に入るように森の中へ。

 

今回は、絵本に出てくる「秋の生き物」を探そう!と出発。

秋の森には生き物がたくさん。

どんな森のお友だちに会えるかな。

 

絵本の主人公のバッタ。

ぴょんぴょん飛び跳ねるコオロギ。

立派な立ち振る舞いに思わず見とれてしまう、カマキリ。

トカゲに似てるカナヘビの赤ちゃんも!

秋の森にはたくさんの生き物が暮らしています。

 

でももちろん、お子さんたちの興味はそれぞれ。

その個性を大切にしながらのお散歩です。

 

 

最初からミミズなんてへっちゃら!という子もいれば、

ドキドキ…そっと指先で触れてみよう、という子も。

一人ではドキドキしちゃうけど、お父さんと一緒なら安心!

 

 

 

 

どれどれ、たくさん集まったかな?

 

 

 

 

 

「生き物には興味ないけど、ドングリ、クリでじっくり遊ぶよ」

って子もいます♪

 

 

 

 

 

ほかにも、葉っぱの匂いを書いてみたり、

お花や木の実の色でお絵かきしてみたり。

 

 

 

 

 

原っぱでは、一人座るとつられてみんな座っちゃうのはお約束!?

 

 

 

 

遊びながらのお散歩はあっという間で、お昼ご飯タイム!

 

お外で食べるとおいしいね。

みんなで食べるとおいしいね。

さらに今回は、ミントティやクリもいただきました♪

自然の恵みに感謝。

 

 

 

 

 

午後は探険に行くかと思ったら…

荷物を運んだリヤカーが楽しいの!?

いつの間にかお客さんが乗り込み、出発進行!

 

 

 

 

トンネルをくぐって探険もしたよ。

 

 

 

 

 

最後は、つかまえた秋のお友だちとさようなら!

いろんなところに隠れていたけど、白い布の上に放すとよく見えるね。

最後に勇気をだして、指で触れてみる子も。

 

 

 

 

虫さん、遊んでくれて、ありがとう!元気でね。

 

絵本を読んだ後、今日の感想を聞きました。

「子どもがイキイキしていてよかったです」

「カマキリを触ったこと、感動しました!」

「子どもによって興味が違うんだと、初めて分かりました。

親が意図したことに必ずしも乗ってくるとは限らない。

それぞれ個性があるんだと感じました。」

 

「里山のかやねずみ にちようび」は、毎回ちょっとしたテーマを決めています。

今回は秋の生き物探しでした。

でも、それは全員に必ず森の生き物を好きになって欲しいから、というわけではありません。

いろんな感触、いろんな形、いろんな匂い、たくさんの経験をして、育って欲しい!

そんな思いで、テーマを考えています。

一人ひとりの好きなことが見つかったり、大好きなことでたっぷり遊べたり。

そんな場になるといいなと思います。

 

次回は12/2(日)、延期日12/9(日)に開催。

 

さらに、来年の予定も決まっています♪

2019年1月20日(日)、延期日1月27日(日)

2019年3月3日(日)、延期日3月10日(日)

 

時間は全て10:00~13:00、遊木の森で実施予定です。

 

実は冬の里山も楽しい♪

そして、静岡の冬は、日向に出れば意外とぽかぽか暖かい!

 

ぜひお誘いあわせの上ご参加くださいね♪

里山のかやねずみ にちようび(次回12/2)

 

********************

 

「里山のかやねずみ にちようび」は、親子でじっくり、しぜんあそびを楽しめる場。

お子さん一人ひとりの育ちや気づきを大切に、お子さんに寄り添うことを大切にしています。

だから、決まったプログラムはありません。

子どもたちの発見や気づきから、遊びはどんどん無限大に広がっていきます。

今だからできる、親子一緒にじっくり、ゆったり遊ぶ時間。

週末、里山でお待ちしています!