子どもたちのチカラでQUEST-探求-する、里山QUEST

週一回、水曜日の放課後に里山に集い、それぞれのQUESTを深めています。

 

10月は、季節の変わり目を体感した一か月でした。

10月はじめ、そろそろ蚊もいなくなって山で秘密基地作りができるんじゃないか、

と山へ行ってみましたが…

まだ蚊がブンブン飛んでいて、秘密基地づくりは冬に持ち越すことに。

 

10月中頃は、段々と日が短くなって、活動の終わる夕方6時頃には真っ暗。

ライトで照らして暗闇を歩いたりしました。

 

10月の終わりにも川に入ってみたけれど、夏と違って冷たかった!!

 

季節の移ろいを、肌で感じる一か月でした。

 

そんな10月。

お天気にも恵まれ、

「〇〇の秋」

というテーマで様々な体験をしました♪

 

印象的だったのは、「運動の秋」

歴代のQUESTメンバーで作り上げている地図を広げてみると、

ターザンという文字が。

「そうだ!ターザンの場所に行こう!」

 

尾根を越えて、歩いて行ったその先は、ツルのある山。

でも、ターザンのように浮いてはいなくて、地面から出たツルです。

前にあったターザンは、もうなくなってしまったみたい。

 

残念…ターザンがないから遊べない?

いえいえ、そんなことはありません!

 

ツルに乗り、「海賊船の船長だ!」

 

別の場所では、「ヒヒーン!馬が通るよ!」

 

ここにあるツルを存分に使っての遊びが始まりました。

 

さらに別の場所では、木の棒で綱引きをしたり。

結果は…

棒が折れてしまい、引き分け!

 

そこにツルがあるだけ、棒があるだけで、遊びが創り出され、広がるストーリー。

自然にあるものは、遊び方が決まっていません。

だからこそ、それぞれの創造する力で、楽しい遊びがどんどん広がります。

 

自分で考えて、やってみる。

できなかったら、どうしたらできるか考えて、またやってみる。

どうしたら上手くいくか?

どうしたら面白くなるか?

そんな「考えて、実行して、また考える」の繰り返しが、豊かなQUEST-探究-を創っていきます。

 

秋も深まってきました。

段々寒く、日も短くなるこの季節。

子どもたちはどんな創造性を見せてくれるのか!?

どんなQUEST-探究-をしていくのか!?

 

QUESTはまだまだ続く!

 

********************
2018年10月現在、里山QUESTの参加者を募集中!

体験もできますよ♪

詳しくはこちら↓
http://www.ecoedu.or.jp/programs/quest2018/

********************