長期休みに行われる里山BASE。

丸一日、里山で遊びます。この冬休みは4日間の開催。

日の短い冬。終わるころにはもう真っ暗。

そんな今年の冬の里山BASEではどんな遊びが生まれたのでしょうか…?

 

【話し合い】

里山BASEには、決まったプログラムはありません。

決まっているのは、集合時間と、終わる時間。それだけ。

 

ただし。

「BASE3か条」と呼ばれる、大切にして欲しいことだけをスタッフは伝えます。

例えば

「自分で決めるべし」

スタッフが「今日はここに行きましょう」「今日は火おこしをしてみましょう」なんて言いません。子ども達が、みんなでやりたいことを伝えあい、意見を出し合って決めていきます。

 

 

【冬の遊び】

冬ならではの遊びが、今年もたくさん生まれました!

その中からちょっとだけご紹介。

 

『落ち葉ベッド』

夏にはなかった落ち葉がたくさん!

プールみたいになったり。

集めてみたら、ベッドみたい。

じゃあ寝てみよう。

落ち葉布団もかけて、埋まってみると…布団より軽い!

みんなで順番に埋まってみました♪

ふかふかの落ち葉ベッド、気持ちよかったね。

 

 

 

『カブトムシパズル』

カブトムシの角だけを発見した男の子。

みんなで探してみると、

「足があった!」

「これもそうじゃない?」

カブトムシのパーツが次々と見つかります。

 

でも、なぜかおなかの部分がみつからない。

なんで?どうして?

「おなかは食べられちゃったんじゃない?」

「足はほら、ギザギザしてるから食べにくいんだよ」

よく観察して、考えて。

世紀の!?大発見です!

 

 

『火おこし』

普段の生活ではなかなかできない火おこし。

ここでは思う存分、挑戦できます。

慣れたベテラン勢が自分でやりたいところをぐっとこらえて、

初めての子にマッチの付け方を教えてあげていました。

「下を向けて持ったらどうなると思う?」

「そうだと危ないからこうするんだよ」

教えてもらって、挑戦。

そして火が付くと、ベテラン勢は慣れた手つきで、初めての子は見て学んで、火を安定させていきます。

失敗しながらも「できた!」という経験が、自分でできるという自信になっていくのかなと思います。

 

 

この冬休みの里山BASEでの経験。

「工夫したらこんなに楽しかった!」

「大発見をした!」

「挑戦して、できた!」

その自信が次への階段を上る原動力になったらいいな。

里山BASEは、それを積み重ねるところです。

********************
エコエデュでは、一年を通して

平日の放課後にもプログラムを実施しています。

2018年12月現在、参加者を募集中!

詳しくはこちら↓

毎週水曜、送迎付き【里山QUEST】
http://www.ecoedu.or.jp/programs/quest2018/

 

毎週金曜、送迎なし【里山adventure】

里山adventure2018

********************