子どもたちのチカラでQUEST-探求-する、里山QUEST

週一回、水曜日の放課後に里山に集い、それぞれのQUESTを深めています。

 

ついに!秘密基地づくりが始まりました!

「ついに」と言うのは、実は子ども達は夏頃から秘密基地づくりをやりたかったのです。

でも実際に夏の山へ行ってみると、蚊が多いし、草ぼうぼうで場所がない。

みんなで「冬になったら秘密基地づくりをやろう」と決め、冬になるのを待っていたのです。

こういう季節の感じ方もあるのですね。

 

さぁ、秘密基地づくりに出発。

「エコエデュから遠いと、道具を持っていくのが難しくなっちゃうよ」

「ヒミツじゃない基地でも面白いかも」

と、相談しながら進むと、いい場所を発見!

 

丁度いい小山に、階段やすべり台を作ります。

捕まえてきた生き物を観察できるスペースも。

 

竹の柵もできました。

このゲートはパスワードを言わないと開かない仕組み。

スタッフが勝手に入ろうとしたら

「ビーッビーッ侵入者発見!!」

見つかってしまいました。

 

 

泥棒が来た時のために、落とし穴まで!

…これは、竹林整備の人たちがケガしないように、作った後に埋めました。

 

さらにちょっと場所を移動して、展望台も作りました!

急な坂道だけど、いい景色を見たい。

そんな思いで、座り心地のいいベンチまでできあがり♪

 

子ども達の手にかかれば、こんなにステキな遊び場ができるんだなぁと感心です。

 

さらに、秘密基地づくりと並行して、面白そうなものがあればたっぷり遊びます。

天然すべり台を発見!

 

暗闇ならでは、ライトで照らすととってもきれいなぐるぐる植物。

 

もちろん、冬の味覚も味わっちゃいます♪

 

 

夏からやりたかった秘密基地づくり。

でも、夏と冬って結構違う。

夏には背の高い草がたくさんあって、基地を作る場所がうまく見つからなかった。

蚊がとても多くて、とても止まって作業していられなかった。

子ども達はそんなことに気づき、冬に秘密基地づくりをすることにしました。

教えなくても、全身で季節を感じているんですね。

 

問題にぶつかったら、自分達で考えて決めていく。

そうやって試行錯誤しながらつくる秘密基地は、どんなお城よりも最高の場所なんだと思います。

 

さぁ、この秘密基地はどんな進化を遂げるのか!?

子ども達のアイデアが楽しみです♪

 

QUESTはまだまだ続く!

 

********************
2018年12月現在、里山QUESTの参加者を募集中!

体験も大歓迎♪

詳しくはこちら↓
http://www.ecoedu.or.jp/programs/quest2018/

********************