【報告】里山QUEST2・3月ーピザを焼きたい!ー

 

子どもたちのチカラでQUEST-探求-する、里山QUEST

週一回、水曜日の放課後に里山に集い、それぞれのQUESTを深めています。

 

冬になってから進めていた秘密基地作り。

かまどで料理をしたい!

ということで、かまどを作りました。

目標は、ピザを焼くこと。

うまくいくかな…?

 

-1回目-

マッチが初体験の子もいました。

慣れている仲間に教えてもらって、挑戦。

「あ、ついた!」

その火をスギの枯れ葉につけてみるも…

なかなかつかない。

なんでだろう?

ちなみにこの日は、雨の翌日。

「濡れてるからかも!」

「じゃあ来週までに、木の枝を拾ってくる!」

「どうしたらつくか、本を借りて調べてくる!」

「お父さんに聞いてみる!」

 

失敗しても、どうしたらいいか考えます。

 

 

-2回目-

「近所で木の枝拾って来たよ」

「かまどに酸素が入るようにしてみよう」

工夫してみると…

やった!火がついた!

マシュマロを焼きました♪

でも、この火力じゃピザは焼けない。

どうしたらいいんだろう。

 

-3回目-

また雨の翌日で、なかなか火がつかない。

「かまどを、もっと空気が入る形にしてみよう」

「かまくら型に木の皮を置いたらいいかも」

 

試行錯誤するも、もうタイムリミットが。

ラストチャンスで挑戦!

失敗から学んだことを活かすチャンス。

さらに「燃えろ~」の呪文の甲斐もあってか(!?)

火がついた!

その後、全員が火を絶やさないことに集中し、

パリッとしたピザが焼けました。

「スギの葉は5秒で燃え尽きる」

「木は長く燃える」

自分たちでやってみることで、気づきがあります。

 

-4回目-

里山QUEST最終日。

これまでのふりかえりパーティーをすることに。

前の経験を活かして、もう一度ピザを焼いてみよう!

 

かまくら型にセットして。

スギの葉はよく燃えるけど、ずっとは燃えないから木を足して。

経験を活かし、かなりスムーズにピザが焼けました♪

秘密基地の展望台で、いい眺め。

みんなと食べると、もっと美味しい!

 

パーティーでは、それぞれ一年をふりかえり。

「自分達で計画して実行するのが良かった」

「みんなで一緒に考えてできた」

「カニをはさみうちして、みんなでつかまえた」

 

自分たちで考えて、やってみる。

友だちと、やってみる。

そんな繰り返しの中で、子どもたちのなかに芽生えた

QUEST-探究-の芽。

 

里山QUESTは卒業しても、いつもその探究心を発揮して、

さらに育てていってほしいなと思います。

 

今後の活躍に期待!

里山QUEST卒業、おめでとう!!

 


ページの先頭へ