【報告】7/7里山のかやねずみ にちようび 川の生きものを「よく見て」みよう

毎月、第一日曜日に実施している「里山のかやねずみ にちようび」。

7月は、浅い沢での川遊びを楽しみました!

 

「里山のかやねずみ にちようび」は、0~3歳さん親子の、

森のようちえん型プログラム。

平日に行われている「里山のかやねずみ」の週末版です。

お子さんが0~3歳のいまだからこそできる、

親子でじっくり遊び込む時間を大切にして欲しいと考えています。

 

 

まずはみんなで集まって、お話やたいそう。

今回は「よく見る」がテーマ。

お母さん、お父さんには

「しゃがんで子どもの目線になってみてね。」

子ども達には

「川にはだれがかくれてると思う?」

よーく見て、探してみてね!」

というお話をしてからお散歩スタートです!

 

まずは少しお山を歩きました。

草むらにかくれている生き物を「よく見て」探したり。

いいにおい?くさいにおい?

においのする葉っぱを摘んでみたり。

棒をぽきっと折る音が面白くて、みんなで折ってみたり。

 

ぼくはお母さんと一緒に、木に登ってみたよ!

 

それから、今回は0歳さんも参加してくれていました。

何を見ているのかなって目線を追って見たら

とっても素敵な木漏れ日を発見!

赤ちゃんならではの発見ですね♪

 

そんな風にお散歩しながら、沢に到着。

パシャパシャ、水遊び~!

こっちでは、川を「よく見て」生き物さがし。

どこにかくれているかな?

 

それから、事前にスタッフこばちゃんが見つけておいてくれた

魚を、川に放してみました。

どこにかくれるかな??

 

かくれた魚を「お母さん、取って!」

お母さんたちも夢中になって魚をつかまえていました。

 

お腹がすいたら、着替えてからみんなでご飯。

たくさん遊ぶと、ご飯が美味しい!

 

午後はなんと!

またまた川へ向かいました~!

午後は、朝仕掛けておいたしかけをみんなで引っ張ります。

よいしょ、よいしょ。

 

なな、なんと!

こんなに大きなカニが~!!

みんなびっくり。

お腹まで「よーく見て」じっくり観察したり、

ドキドキしながら触ってみたり。

新しい発見がたくさん♪

たくさん遊んだ後は、川の生きものたちとさようなら。

離れがたい子もいたけれど、かにさんたちは川がおうち。

今日のところはバイバイしよう。

また遊ぼうね!

 

最後は、みんなで今日の感想などを振り返り、わかちあい。

お子さんの目線の先にあった木漏れ日がとってもきれいだった

話してくれた0才の子のお母さん。

子どもの目線で見ると、大人の感覚とは違う発見があるかもしれません♪

 

まだ生き物に興味はなかったけど、今の興味のあることを思いっきり

楽しめました、と話してくれた1才の子のお父さん。

そうそう、それでいいんです!

みんなが同じものに興味を持たなくても、自分の「好き」なことでたっぷり

遊んでいる姿はとっても素敵♪

 

みなさん、お子さんのことを「よーく見て」くれていました!

普段は何気なく過ぎていってしまう日々。

そんな中、少しだけ子どもの目線で周りを見渡して見てみると、

新しい発見がありそうです♪

 

私たちスタッフは、日曜かやっこをたった一回きりのイベントで終わらせず、

ここで体験したことを、毎日の子育てでも思い出して活かしてもらえたらいいな、

と考えています。

子どもの目線「よく見る」こと、ぜひ日常の中でも思い出してもらえたら

嬉しいです!

 

さよなら あんころもち またきなこ♪

また一緒に遊ぼうね!!

 

********************

2019年度の「里山のかやねずみ にちようび」は、

毎月第1にちようびに実施します!

夏(8、9月)はお休みで、次回は10月6日。

プログラムの2か月前の1日から受付開始。

ぜひご参加くださいね♪


ページの先頭へ