【里山いっぽコラム】こどもじかん

「里山いっぽが大切にすること」のひとつに 《こどもじかん》 というキーワードがあります。
  
里山で遊ぶ子ども達は時として、
自分がものすごく興味を惹かれるものと出会います。
例えば、草はらの小さな虫だったり。
その興味をもったものや遊びにずーっと夢中になっちゃって
お腹がすいてるのも忘れたりすることも。
その
「ずーっと夢中になる」時間
《こどもじかん》。
  

   
お家の中では、出かける時間が決まっていたり、
どうしても済ませないといけない用事があったり、
現代社会は時間との戦いですよね。
大切にしてあげたいけど、
遊びを中断させてしまうことってよくあります。
  
里山いっぽではその《こどもじかん》を保証します。
少人数で、大人が設定したプログラムがないので、
《こどもじかん》を十分にとることができます。
慣れてフィールドが分かってくれば、朝子ども達みんなで
「今日はどこに遊びに行く?」
という相談もします。
  
年少のこの時期、《こどもじかん》を十分に保証された子ども達は
その感性にもっと磨きをかけ、
自分自身で考え、行動できる素地を培います。
   
「野外保育里山いっぽ」は普通の幼稚園ではありません。
でも、普通の幼稚園にはない、
子ども達の《こどもじかん》を十分に保証できる環境があります。
  
ご興味のある方は、ぜひ体験会にお越しください。
  


カテゴリー: エコエデュだより, お知らせ タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。