里山いっぽ5/12サツマイモのつるさし

この日、遊木の森サポーターズクラブの方に
サツマイモのつるさしを体験させてもらいました。

立派な畝が3本作られてあり、
つるを植えるばかりに整っていました。

おじさんが子どもたちに語り掛けます。
「おじさんの言うとおりにやってくれるとね、秋には
大きなおいもが、たくさんとれるんだよ」
大きなおイモがいっぱい

子どもたちは「大きな」と「たくさん」の言葉に引き込まれていきます。

ツルさし

上手に植えることができました。

どんどんばし

畑をでるのには、この丸太の橋を渡らなければなりません。

一人ずつ、お友達が渡るのを見守ります。

私は、どんな時代にあっても、ひたむきに自分の信念を貫き通そうと頑張っている大人は

たくさんいらっしゃると思っています。

いっぽの子どもたちが、出会う大人は子どもたちのことを大事にしてくれる大人です。

サポーターズクラブのIさんもそのお一人です。

子どもたちの心に響く言葉を選んで語り掛けているお姿に

脱帽しました。

大きなおイモをIおじさんと食べられることを楽しみにしています。

 

 


カテゴリー: プログラム報告 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。