【報告】6/11「里山Mitete」

緑が濃くなってきた遊木の森で6月も活動です。

里山Miteteも3回目の開催となり、

スタッフの前で自己紹介ができるお友達がグッと増えました。

アイスブレイクの「くっついた くっついた」では

こんな素敵な笑顔が見られました!

くっついた

心も身体もほぐれたところで、出発です!

草刈りがされているところには、刈り取った草がたくさん残っていました。

すかさず「鳥の巣を作る」と遊びが始まります。

鳥の巣

ちゃんと卵を産む場所も作って、「産んでくれるかな?」

先に進むと、道のわきに何やら発見!

押すと煙が出る???

ケムリダケ

なかなか触れなかったお友達も、心では「不思議だな」「触ってみたい」!!

お母さんが先にさわってくれると、「自分も!」できた。

 

道で発見したもので覗きっこしたり、

拾った木の枝の「お母さんの木」を見つけたり、

子どもの心の中では、いろんなことを感じ、考え、思いが広がり、深まっているようです。

穴から見える この木の枝

 

初めて通る真ん中の登り道では、みんな、手を使って上手にずんずん登っていました。

登り切った満足感が表情に表れていました。

思わず「バンザイ」をする子もいました!

ジャングルを進む ばんざい

尾根道に出ると、まるでご褒美が待っていたようにウラジロがありました。

それぞれの楽しみ方で楽しみます。

つの  はね  私も角 

尾根道から頂上はすぐです。「見えた~!」

頂上あった 

頂上でもいろいろな遊びが展開しました。

切り株ジャンプ 石と石で 大きくすると 色塗り

頂上からの帰り道、いちごがあったりエレベーターに乗ったり、地面の穴に枝を刺したり

道草を楽しんではらっぱに向かいました。

いちご エレベーター 枝を指す

原っぱにはおいしいクワの実がなっています!

高いところは大人に力を借りて、低いところは自力で味わいます。

クワのみ じぶんで

 

今日もたくさんの発見・気づきがあり、色々なことを感じ、考えて、

想いが広がり、そして深まった一日でした。

お父さん、お母さんは、そんな子供たちの心を感じましたか?

 

 


カテゴリー: お知らせ, プログラム報告 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。