【報告】7月9日 里山Mitete

7月の「里山Mitete」は、

いつもの遊木の森から場所を移して、にぎわい広場の川を目指します!

まずは始まりの会で自己紹介。

初めてのお友達も、スタッフのところで自分のお名前を大きな声で言えました。

少し勇気がいる時、お母さんがそばについてくれて、いっぽ踏み出せたね。

ご挨拶

早速お散歩開始!今日の目的地は川だけど、

山を越えなければ川にたどり着きません。

少し歩くと水が溜まっている場所がありました。

みんな、吸い寄せられていきます(笑)

「何かいる?」

「これはお鍋、スープを作るの」

「あ、葉っぱが釣れた!」

水の中に 釣れた

でも、そのすぐ隣にも面白いことがいっぱい!

「カナヘビがいた!!」

こっちも楽しいよ

同じものでも感じ方は様々。だから、いろんな遊びが生まれるんですね。

 

山を登ると、小さな小屋があります。

拾った棒でなぞると、「面白い音がする!」

音がする

長い棒を見つけて、素振りをします(見えない敵と戦っているのかも?)。

棒を持つにはいろんな注意が必要です。

でもやっぱり、思い切り、力いっぱい振ってみたいんです。

だから、人のいない方で黙々とがんばりました。

 棒で遊ぶ

川に行くにはまだ暗い森を進まなくてはなりません。

「暗さ」の変化を感じて、「怖い・・」とつぶやくことも。

近くにお父さんやお母さんがいたら、ぎゅっと抱っこしてもらいたくなっちゃいます。

でも、手をつないでもらって頑張って歩きました。

頑張って歩いた

川では生き物探しや水集め、葉っぱ流し、

とにかく歩いて川を楽しむ、、など、

親子で一緒に子どもの感じた川を楽しみました。

はい、どうぞ もうひと遊び

上からみんなの様子を見ているだけでも楽しいんです。

お母さんが寄り添ってくれると、また違って見えるのかな?

僕はここから

今回は、魚を捕まえるために仕掛けをかけてみました。

浅い沢では見かけなかった、もう少し大きい魚がたくさんかかっていました。

「魚って、どんな感じ?」

「ぬるぬる、すべすべ、つるつる、、、」

感じ方は様々。気づくと夢中になってます!

触ってみたい もっと触りたい

お昼を食べたり、絵本を聞いたり、

お弁当  絵本タイム

今日もたくさん遊んだね。

 

9月も同じく川に行く予定です。

 

 


カテゴリー: お知らせ, プログラム報告 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。