子どもたちのチカラでQUEST-探求-する、里山QUEST

週一回、水曜日の放課後に里山に集い、それぞれのQUESTを深めています。

 

5月は新しい仲間も増え、次々とQUESTが湧き上がっています。

4月に、地図を片手に里山を探索して見つけたイモリのいる池。

それを皮切りに(!?)、子どもたちのイモリ愛が深まり、

「イモリのための池を作ろう」ということに。

 

まずは作戦会議。

エコエデュ事務所の庭に穴を掘って水を入れてみたけれど、次の週に来た時にはからっぽ。

どうしたら水がたまるんだろう??

 

 

「水が土にしみ込んじゃうんだ、石を入れてみたらどうかな?」

と、砂利をしいてみたり。

 

また、ある時は…

「そうだ!いいこと思いついた!ひょうたん池の土を持ってきたら、同じように水がちゃんとたまるんじゃない??」

ということで、ひょうたん池の土を取ってきてみたり。

 

 

「ひなただと乾いちゃううんじゃない!?日陰に池を作ろう!」

という案も。

 

「川に池を掘れば、水が出てくるんじゃない!?」

ということで、川に掘ったりもしたね。

川の砂利に穴を掘ると、水が下から湧き出てくる。

 

たくさんQUESTしたあとは、振り返りの時間。

それぞれの発見や、工夫したこと、勇気を出してチャレンジしたことなどを書いていきます。

 

さて、この池づくり。

水をためてもためても、気づくと水はしみ込んでしまう。

それでも、諦められない。

一体、どうやったら水をためられるのか…

 

QUESTはまだまだつづく!

 

********************
2018年6月現在、里山QUESTの参加者を募集中!

体験もできますよ♪

詳しくはこちら↓
http://www.ecoedu.or.jp/programs/quest2018/

********************