子どもたちのチカラでQUEST-探求-する、里山QUEST

週一回、水曜日の放課後に里山に集い、それぞれのQUESTを深めています。

 

12月に始まった秘密基地づくり。

子どもたちのアイデアで、どんどん秘密基地が出来てきています!

 

12月に作った展望台も進化し、たくさんのベンチができています。

ヘルメットをかぶり、まるで作業員さん!

 

また、他の場所に作っても楽しいかも、と思い探険。

ここはたどり着くのが大変だ!!

 

生き物も観察したいから、池を作ってみよう!

 

竹のベッド。まったりする場所もいいね♪

 

さらに、エコエデュの竹きりプロジェクトのメンバーによる竹林整備のおかげで、

フィールドが広がりました♪

その場所を使って、子ども達が思いついたのが…

 

SASUKE!

 

テレビ番組からインスパイアされ、森にSASUKE(サスケ)コースを作りました。

整備で切られた竹や丸太を使ってコースができていきます。

 

※SASUKE(サスケ)とは、障害物を乗り越えていくスポーツバラエティ番組。

いわば大人のアスレチック!

でも、子ども達が作っているのはアスレチックではなく、SASUKEなんだそうです。

 

このSASUKEで、子どもたちの楽しみ方はそれぞれ。

コース作りに没頭する子は、どうしたら面白くなるか、難しくなるか考えて作っていきます。

 

「これは簡単すぎる…」

 

「ぐらぐらする丸太の上で、10秒止まる」

など、ルールが出来ていきます。

 

一方、そのコースの挑戦者は。

何度も何度も挑戦し、少しずつコツをつかんでクリアしていきます。

友達を応援したり、「そこ気をつけて」と、アドバイスも。

 

そうして、秘密基地がどんどん広がっていき、広大に。

(…これは、「秘密」基地なのだろうか?

という大人の思いと裏腹に、秘密基地はどんどん広がっていきます♪)

 

さて大きくなっていく秘密基地。

でも、みんなが最終的に作りたい秘密基地はどんなものかな?

改めて話し合い、どんな秘密基地にしたいか意見を出し合いました。

 

すると出た意見が、かまど作り!

料理を作りたい、ということで、次は秘密基地でかまどを作ってみることに。

かまどは来月に持ち越し。

果たして2月は、かまどを使って料理できるのかな…?

 

子ども達が、自分で考え、創り上げていく秘密基地。

うまくいかないこともあるけれど、だからこそ面白い。

どうしたらうまくいく?

もっともっと楽しくなる?

そんな風にQUEST-探究-は深まっていきます。

 

QUESTはまだまだ続く!

 

********************
2019年度小学1~3年生の里山QUESTの新メンバー募集中!

体験も大歓迎♪お気軽にお問い合わせください!

詳しくはこちら↓

里山QUEST2019

********************