【報告】12/1里山のかやねずみ にちようび 森のクリスマスツリー作り♪

毎月、第一日曜日に実施している「里山のかやねずみ にちようび」。

12月のぽかぽか陽気の中、秋から冬に移り変わる里山を楽しみました♪

 

「里山のかやねずみ にちようび」は、0~3歳さん親子の、

森のようちえん型プログラム。

静岡のまちなかから車で20分ほどの里山で、

平日に行われている「里山のかやねずみ」の週末版です。

お子さんが0~3歳のいまだからこそできる、

親子でじっくり遊び込む時間を大切にして欲しいと考えています。

 

今回は12月ということで!

「森のクリスマスツリーを作ろう♪」と、お散歩に出発!

絵本を読んで、絵本の登場人物になった気持ちでお散歩スタートです。

 

今回はツリーを作りましたが、それは、一つのきっかけに過ぎません。

私達は、ここでの活動が、子育てのヒントにあるといいなと思っています。

親子でじっくり遊び込む時間を持つことで、改めてわが子らしさに気づき、

その興味・関心に寄り添っていく。

そんな時間になればと願っています。

 

お散歩をスタートすると、早速ツリーに飾りつけしてくれました。

どんぐりや赤い実、紫の実。

色々見つけては、少しずつツリーが彩られていきます。

 

今回は、大人用ツリーもあります。

大人も一緒に楽しんで飾り付け。

きのこやススキ、面白い!

 

はじめての場所に、緊張…。

そんなお子さんは、お父さんの肩車でスタート。

徐々に安心してくると、自分から降りて、

「ピンクのお星さまあった!」

笑顔でツリーの飾りつけをしてくれました。

 

ツリーも作るけど、大事にしているのはもちろん、子ども達の遊び。

歩くのがとにかく楽しいお子さんは、どんどん、歩く歩く!!

途中、たくさんの葉っぱで、落ち葉シャワー。

「せーの」で落ち葉をひらひら~!

きれいだねー!

 

まぜまぜ。おいしくなーれ!

おままごとも子どもたちは大好きです。

木の枝と小石、葉っぱがあれば、お料理の完成!

 

 

お昼ご飯を食べて、午後もたっぷり遊びます!

 

トンネルくぐって、ゆうびんやさんにお手紙書きまーす。

 

美味しい実って言われたけど…食べれるの?

不安そうなのこの表情。

 

ちょうどいい高さの木。

登ってみようかな…ドキドキ。

 

1人じゃ怖い。

お母さん、支えててね。

支えがあれば、3才さんでも自分で登っていきます。

 

最後は、絵本を読んで、みんなでふりかえりの時間。

「大人がこうして欲しい、ではなく、子どもに寄り添うこと。

どうすればいいか考えて、親にも学びがありました。」

 

大人と子どものおもしろいと思う世界は、きっと、ちょっと違います。

それは、どっちも素敵なもの。

それを一緒に楽しめると、子育てって楽しくなるんだろうなって

思っています。

 

静岡は、冬でもお日様が出ればぽかぽか陽気。

今日も、暑くて上着を忘れて帰ってしまう方もいたほど!

この時期、落ち葉がたくさん落ちていたり、色んな実がなっていたり。

冬ならではの遊びがたくさんできます。

ぜひ、冬も里山にお越しくださいね。

********************

次回は1月12日(お正月のため1月は第2にちようびです)。

プログラムの2か月前の1日から受付開始。 ぜひご参加くださいね♪

☆★☆冬のプレゼントキャンペーン☆★☆

2019年12月~2020年3月までの活動のうち
2回ご参加いただいた方に、
木のネームプレートをプレゼント!

外遊びから足が遠のきがちな冬。

でも、
冬だからこそ太陽の温もりを感じたり、
木の実などの恵みに感謝したり、
冬にしか出会えない鳥の存在に耳をそばだてたり…

寒いからと外に出ないのはもったいない!
ぜひ「冬ならでは」の楽しみを味わいに
冬の里山にお越しください♪


ページの先頭へ